旅行 全国1000箇所以上の動画掲載 かんなぎと地元の人がナビゲーション(地元裏情報も)

まちあるき 箕輪町 城跡

  • HOME »
  • まちあるき 箕輪町 城跡

武田信玄と藤沢氏との激戦地 福与城跡 箕輪町

天文年間 藤沢頼親が城主として勢力を張ったが 天文14年武田信玄の伊那攻略にあい

50日の攻防の末 人質を出して,和議の後 放火されました。

場所はこちら 長野県上伊那郡箕輪町福与1509

大きな地図で見る

甲斐 武田軍の狼煙台跡か 古式部城 辰野,箕輪町 境

古式部城(こしきがじょう)山の山頂にあり 平安時代末期に小笠原氏よって狼煙台として 築かれたとされています。 戦国時代には甲斐 武田氏の信濃侵攻時に 狼煙台として用いられたとされています。

場所はこちら 長野県上伊那郡 辰野,箕輪町 境  古式部城山 山頂

大きな地図で見る

 

大出城跡 箕輪町

別名 里小屋(さとごや)城とも言われています。 詳細な築城年代や築城主は不明。 「諏訪御符礼之古書(すわみふれいのこしょ)」に拠れば15世紀後半、大出の地に 藤沢出羽守有兼・有世なる人物が居たとされている。

場所はこちら 長野県上伊那郡箕輪町中箕輪大出2253-1付近 大きな地図で見る

上ノ平城跡 箕輪町

平安時代末に源為公(みなもとのためとも)によって築城された と伝えられ鎌倉時代の中期には諏訪氏と同族の知久氏の 居城であったとされます。 平成の発掘調査で遺構,遺物から戦国時代に城として 機能していたことが明らかになっています。

場所はこちら 長野県上伊那郡箕輪町東箕輪日向前2699-4

大きな地図で見る

箕輪城跡  箕輪町

築城年代は明らかではないのですが 代々箕輪氏の居城であったとされています。 天文年間のころ、福与城の藤沢氏に属した木下総蔵の居城と伝えられる。

場所はこちら 長野県上伊那郡箕輪町中箕輪13823

大きな地図で見る

松島城跡 箕輪町

箕輪町役場敷地内にあり 松島本城ともいわれ 藤沢氏の配下松島氏の居城でした。 松島氏はこの地に土着して勢力を張り、 伊那諸士とともに幾多の合戦に参加したとされています。

場所はこちら 長野県上伊那郡箕輪町大字中箕輪松島10298 (箕輪町役場敷地内)

大きな地図で見る

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
  • twitter
PAGETOP