旅行 全国1000箇所以上の動画掲載 かんなぎと地元の人がナビゲーション(地元裏情報も)

まちあるき 箕輪町 古墳

  • HOME »
  • まちあるき 箕輪町 古墳

天王塚古墳  箕輪町

同町 三日町上棚にあったものを箕輪町郷土博物館敷地内に 移転復元したものです。 古墳時代後期に造られた古墳で横穴式石室をもった円墳で 直刀 金環 鉄鏃 土師器 須恵器 などが出土し それらは博物館に保管されています。 場所はこちら 長野県上伊那郡箕輪町大字中箕輪松島10286−3 (箕輪町郷土博物館敷地内)

大きな地図で見る

松島王墓古墳 ~ 秋葉三尺坊 ~ 深沢鎮火大神  箕輪町

松島王墓古墳 上伊那にある、ただ一基の前方後円墳で、くびれた部分の左右に丸い作り出しが付いた県­下唯一の車塚形式の古墳です。6世紀中頃、敏達天皇の皇子頼勝親王の墓と伝えられ、全­長58m高さ7.7mの前方後円墳です。 秋葉三尺坊大権現 深沢鎮火大神 松島王墓古墳がある深沢公園内には、火ぶせの神が、神仏それぞれまつられています。 その昔、一緒に奉られていた火ぶせの神は、 明治の神仏分離令により、2か所に別れました。 大正5年、村の商工会の祭りに若者たちが三尺坊の像を神輿に乗せ松島の商店街を曳き回­したところ、500件が焼ける松島の大火が起きたということです。 村人は、火ぶせの神、秋葉様のたたりだとおそれ、このお堂が建立されました。 場所はこちら 長野県上伊那郡箕輪町大字中箕輪10996-1 (深沢公園内)

大きな地図で見る

羽場の森古墳1号~3号 箕輪町

羽場の森古墳は長岡地籍の西方にあって3基の円墳からなり 古墳時代後期につくられたとされています。 群集墳の形態が残り比較的保存状態もよく 昭和52年に町の史跡に指定されています。 場所はこちら

1号古墳 長野県上伊那郡箕輪町東箕輪881-2

2号古墳 長野県上伊那郡箕輪町東箕輪1150

3号古墳 長野県上伊那郡箕輪町東箕輪920-2

大きな地図で見る

源波古墳 箕輪町 天竜川左岸段丘上にある長岡古墳群の一部で 6世紀後半~7世紀初頭の築造と思われる円墳。 昭和62年 長岡地区グランド脇に移転復元され 出土品は箕輪町郷土博物館に展示されています。 場所はこちら 長野県上伊那郡箕輪町東箕輪83-1

大きな地図で見る

戻る

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
  • twitter
PAGETOP