旅行 全国1000箇所以上の動画掲載 かんなぎと地元の人がナビゲーション(地元裏情報も)

まちあるき 岡谷市諏訪湖南側成田側

  • HOME »
  • まちあるき 岡谷市諏訪湖南側成田側

岡谷市諏訪湖南側成田側(まちあるき)

中部日本一といわれる鶴峯公園のつつじ祭りが有名です。 この川岸地区は初期中山道と岡谷街道が通り 街道沿いの史跡,名所が充実しています。 その中に日本の製糸業に尽力した片倉兼太郎氏の 生家があります。 Azalea festival of Tsurumine park which is said to be central Japan is famous. Okaya Road and initial Nakasendo street is this riverside district Historic sites along the highway, attractions, restaurants and things to do. Of Katakura Kanetaro who was instrumental in silk industry of Japan! Birthplace.       小野道益 玄晏(げんあん)の墓 大きな地図で見る 祖先は甲斐の武田に仕えていたが武田氏滅亡後医術を持って 高島藩に仕えるとともに家塾を開いて子弟を教育した。 小野玄晏 小野道益の息子(厳密には養子) 京都で緒方洪庵の教えを受け のちに江戸 湯島の聖堂(幕府の学問所)に学ぶ。 また医師として高島藩に仕えた。 場所はこちら 長野県岡谷市川岸西1丁目6−23 付近   残の洞 石造物群 中央自動車道の開通により霊天寺山にあった石造物の 一部を移転したものである。 石碑の総数は57基を数え うち文字碑40基 刻像碑13基ほか 石碑・石灯篭などがある。 場所はこちら 長野県岡谷市川岸東1丁目18 大きな地図で見る 林の窪 石造物群 ここには鳥獣供養塔や愛猫権現などの動物の霊を供養したものがある。 その他に道祖神 馬頭観音 第六天 巡拝塔 名号等塔 六地蔵 なども建っている 場所はこちら 長野県岡谷市川岸東1丁目13−11 付近 大きな地図で見る 花岡公園の石灯篭 岡谷市 岡谷市の有形文化財に指定されいる。 文政6年頂上主郭にあった三山大権現のための石段が造られ 登り口の石灯篭は元治元年に建立された。(現在 参道は廃道で立ち入り禁止) 左右2基のうち左は藩主 諏訪家 右は家老 千野家の家紋が刻まれている。 場所はこちら 長野県岡谷市湊1丁目9−9 付近 大きな地図で見る 花岡城址 本丸跡、二の丸跡、その間に空堀があり、自然の要害を利用して構築され、五陵閣形式と­なっており、土塁があり、中世の城址を知る貴重な史跡である。戦国時代には伊那口のお­さえであり、天文年間には武田氏の支配であったと伝えている。 城主は初期に花岡氏 以降有賀氏 など 場所はこちら 長野県岡谷市湊1丁目5 大きな地図で見る

 

      高尾城跡 (高尾山 山頂) 戦国時代 三沢から新倉を含む地域の地頭であった三沢氏の居城であった。 高尾山は男高尾(おだかお)と女高尾(めだかお)の二山があり 城として築造されたのは女高尾(標高1013.7m)であります。 場所はこちら 長野県岡谷市川岸 高尾山 山頂 大きな地図で見る 岡谷 新倉十五社  祭神は建御名方命 八坂刀売命 周辺には岡谷市天然記念物のケンポナシ(五本) 新倉区認定文化財のウラシマソウ 津島神社などがある。 場所はこちら 長野県岡谷市川岸中2-24-21 大きな地図で見る

びったら橋 岡谷市 江戸時代,諏訪湖はよく氾濫した為諏訪藩は,流れを妨げる橋の 設置が認めず,渡し舟か,びったら橋が頼りでした。 川の中に石を置き,その上に板を渡し板が安定するように平らなくぼみを彫り 増水時,板が浮いても流れないように,綱を石の穴に通して結んでいました。 通行人が歩くと,橋板がたわんで川面を「びたびた」と打つため びったら橋といわれています。 場所はこちら 長野県岡谷市川岸東1丁目5-16付近 (橋原橋の横) 大きな地図で見る 川岸天竜河畔 諏訪明神入伝説の地  岡谷市 古く諏訪の地には洩矢族の人々が住んでいたが そこへ出雲の国から明神様がやってきて争いがおこりました。 洩矢神は鉄の輪を,明神様は藤の枝を持って 天竜川を挟んで戦い,洩矢神が敗れて明神様に 服従するようになりました。 明神様が持っていた藤の枝を投げつけると根が付き 藤の木が茂りました。 これが明神様を祀ったこの藤島社です。 洩矢神社 場所はこちら 長野県岡谷市川岸上1丁目1−20 県道14号線沿い 大きな地図で見る もどる
  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • LINE
  • twitter
PAGETOP